ATHLETE

MOUNTAIN GUIDE

RYUSEKI HIRAOKA

平岡竜石/高所登山ガイド

1968年生まれ。EXPEDITIONSとして、アンデスとヒマラヤを中心に、世界中に公募登山隊を組織する、高所登山を専門とする国際山岳ガイド。
アンデスでは、6000m峰に精通し、南米五大峰を提唱しガイドしている。ペルー最高峰ワスカラン登頂12回など。ヒマラヤでは、エベレストやマナスルなどの8000m峰を中心に、マイナーな7000m峰などもガイドしている。エベレスト南北登頂など。

OFFICIAL BLOG OFFICIAL WEBSITE

WRITER,EXPLORER

YUSUKE KAKUHATA

角幡唯介 / ライター、探検家

1976年生まれ。新聞記者を経て作家、探検家として本格的に活動を始める。2002〜2003年、2009~2010年の2度、単独でチベット、ヤル・ツアンポー川大峡谷の未踏査部を探検。その探検記を綴った『空白の五マイル』(集英社刊)が「第8回開高健ノンフィクション賞」「第42回大宅壮一ノンフィクション賞」などを受賞。『アグルーカの行方』(集英社刊)が「第35回講談社ノンフィクション賞」を受賞。2016~2017年、単独で北極圏の「極夜」を探検。その探検記を綴った『極夜行』(文藝春秋刊)が「第1回Yahoo!ニュース | 本屋大賞 ノンフィクション本大賞」を受賞。

OFFICIAL BLOG

MUSHER

YUKA HONDA

本多有香 / プロマッシャー

プロ・マッシャー。1972年生まれ。新潟県出身。岩手大学農学部卒業。団体職員を経てプロ・マッシャーとなる。
幾多のレースを経験後、2006年ユーコン・クエスト初出場。2012年に日本人女性初となる完走(15位)を果たす。2015年3月、米アラスカ州で開催された『アイディタロッド犬ぞりレース』で総距離1000マイルを完走。著書に『犬と、走る』(集英社インターナショナル刊2014年)。2015年植村直己冒険賞を受賞。

BACKCOUNTRY,MOUNTAIN GUIDE

YU TAKEO

竹尾 雄宇/バックカントリー、登山ガイド

1979年生まれ。プロスノーボーダーとして活動後、23歳よりバックカントリーガイドを始める。32歳で独立し、白馬村を中心にバックカントリーツアーを専門とするガイドクラブ『番亭〜Bamboo tail〜』を設立。代表チーフガイドを務める。公益社団法人日本山岳ガイド協会認定 スキースノーボードガイドステージII、同登山ガイドステージII、Canadian Avalanche Association(CAA)アバランチレベル1、信州登山案内人、白馬マイスター。

OFFICIAL WEBSITE

SNOWBOARDER

SACHI TANAKA

田中 幸/プロスノーボーダー

1981年生まれ。滋賀県出身、長野県在住。高校からボート競技アスリート。社会人実業団で国体優勝経験あり。
スロープスタイル競技でプロスノーボーダーに転向後、現在はバックカントリーにフィールドを移す。毎年カナダウィスラーで撮影や日本人向けのキャンプを開催。国内でも自身の経験を生かしながらキャンプやイベントをプロデュースする。ソチオリンピック女子スロープスタイル解説(テレビ朝日)、『地球イチバン〜ハワイノースショア』旅人として出演(NHK)、『ハッピーラジオ』メインパーソナリティ(FM軽井沢)などメディアを通しての活動の幅も広げる。

OFFICIAL BLOG facebook Instagram

MOUNTAIN GUIDE,FILMMAKER

KYOKO HAYASHI

林 恭子/登山ガイド、映像作家

1972年生まれ。奈良県出身。日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡ取得。
2011年に初登山。2013年、単身ヒマラヤ登山に出かけシェルパ2名とともにピサンピーク6091m登頂。2018年K2(8,611m)登頂。登山ガイドや登山学校講師を務める他、映像の企画制作も手がけ、2013年、自ら取材・企画・制作・構成を行い、カンボジアの子どもたちの日常を描いたドキュメンタリー番組がギャラクシー賞選奨を受賞。以来、アジア、アフリカなどの貧困地区で、紛争や貧困、自然災害など過酷な環境で生きる子どもたちを訪ねるフィールドワークと番組の制作を続けている。